膝関節痛

●膝関節痛について

膝関節痛の患者様にボールを使って内転筋のエクササイズを指導している所です。


●膝関節痛とは
このような症状で悩んでいませんか?
・病院で水腫を抜いているが痛みが改善しない
・正座が出来ない、長時間正座をしていると痛みが増加する
・歩行時や階段の昇り降りが辛い
・体重の増加や加齢により膝の痛みが悪化している

人が二足歩行をすることで起きてしまった疾病の1つです。

膝関節の痛みは長期間膝や関節を酷使してきた人、姿勢に癖があったり、体重が重たい人など痛みや違和感の原因は様々で膝に過度な負担をかけてしまうことがあります。

●膝関節痛の原因
① 変形性膝関節症などの病気
変形性膝関節症は膝への衝撃を吸収するクッション材である関節軟骨がすり減って傷んでしまい、日常生活でも膝に痛みを感じる疾患です。

特に40代以降の女性に多いのが特徴で加齢と共に発症しやすくなります。またスポーツで膝に負担をかけてきた人にも同じ症状が見られこちらは年齢関係なく発症する傾向にあります。

② スポーツなどによる膝の酷使
膝の痛みを予防するためには下半身の筋力強化が重要になってきます。

スポーツをしていると筋肉も発達していきますが、過度に体を動かし続けると膝を痛めるリスクが高まることもあります。
特定の競技で筋肉に負荷がかかりその疲労が解消されず運動をすると膝を支える筋肉や靭帯への負荷が増し、関節軟骨の磨耗を早め膝関節を痛めることになります。

また膝への衝撃吸収力の低下が続き悪化すると関節の変形にも繋がり、膝を支える筋肉の働きも低下して筋肉の機能バランスが崩れて痛みを引き起こすこともあります。

③ 体型からくるもの
肥満などで体重が重く日常的に膝に負担のかかっている、また腰や骨盤、股関節周りの筋力バランスが悪くO脚やX脚になってしまった場合にO脚は膝の内側、X脚は膝の外側へ負担がかかりやすくなり、膝痛へ発展することがあります。

④ 合わない靴の使用
サイズの合わない靴や痛いハイヒールを履き続けていると足指の関節に徐々に負担がかかり外反母指や土踏まずのアーチが下がる偏平足になることもあります。

足の痛みをかばいながら歩いたり体重のかかる部位が変化したりするため太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し膝への負担が強まる原因になります。

⑤ 運動不足による筋肉の衰え

膝関節をスムーズに動かしたり、様々な動きにおいて膝関節への負荷を和らげるのは太ももの筋肉の働きが重要になってきます。運動不足により筋力不足になったり、日頃の癖や姿勢、疲労などの影響で太ももの筋肉の働きが低下したりすると膝への負担が増加して膝痛を発症することがあります。


●東洋医学的な膝関節痛の考え方
★経絡(ツボの流れ)の問題
東洋医学で関節の痛みや異常は痺症と言います。痺症とは詰まるという意味で、身体を守る力(衛気)が何らかの原因で弱くなってしまい風・寒・湿・熱といった身体にとって痛みの原因となる物が入りやすくなってしまい、それらが気や血が流れるツボの流れを阻み様々な痛みを引き起こします。
① 風邪:痛みがあちらこちらに移動しやすい
② 寒邪:下肢が冷えやすくなる、温めると楽になる
③ 湿邪:梅雨や雨の日に悪化する
④ 熱邪:打撲や捻挫で炎症を起こす

★体質の問題
①腎虚
もともと東洋医学で腎は腰から下の下半身をつかさどっているので腎虚になると腰や膝の下半身がだるくなり、腎は骨とも関係があるので特に加重関節である膝の障害が出やすくなる。あと腎陽虚になると体の水分の代謝がわるくなるので下肢がむくみやすく冷えやすくなり膝への障害が出やすくなります。

②脾虚
もともと胃腸が弱くて食べた食事を効率よく全身にエネルギーとして送り出せずに常に体が疲れやすく手足がだるかったりします。なので筋肉にも十分な栄養がいかないので筋力が弱く、下肢の筋力が弱いとむくみやすくなるので膝への障害が出やすくなります