四十肩・五十肩

●四十肩・五十肩について

左肩関節の四十肩・五十肩の治療でスーパーライザーを照射している所です

●四十肩、五十肩とは
四十肩や五十肩は40歳代~50歳代にかけて発症する肩関節の痛みと関節拘縮による運動制限。

四十肩や五十肩は俗称で医学的な名称は肩関節周囲炎と言います。

よく来院される患者様は肩こりと混同されている方がおられますが、肩こりは頚の付け根付近の筋肉の疲労からくる症状なので、四十肩・五十肩とは違うものになります。



●四十肩・五十肩の原因
原因としては、はっきりとしたものは不明で、肩関節周囲の軟部組織が加齢による退行変性と過度の使い過ぎによって炎症を発症します。

また四十肩や五十肩は両肩が同時に発症することはないですが人によっては片方が治ると逆の肩が発症する方もおられれば40~50歳代になっても全く発症しない方もおられます。

●四十肩・五十肩の症状
①急性期
肩関節周囲の軟部組織が炎症を起こし肩関節周囲の広い範囲で痛みを感じ、安静にしていても疼痛を感じ特に夜になると痛みがより強くなるために睡眠が障害されることもあります。もちろん肩関節の動きも制限されるので頭を洗ったり、エプロンの紐を結んだり、衣服の着脱など腕を挙げようとすると痛みが生じるので日常生活にも支障をきたします。

②慢性期
慢性期になると安静時痛は消失しますが、腕を挙げる動作時は運動制限が残っているために肩関節の動き自体は制限されています。

③回復期
運動制限もほとんどなくなり日常生活でもかばう動作がなくなり生活上ほとんど支障をきたすことはなくなる。


四十肩・五十肩はだいたい6ヶ月から1年ぐらいで症状が治まりますが、その間にきちんとリハビリが出来ていなかったり、我流で急性期のときに無理に肩を動かしてしまったりするといつまでも疼痛や運動制限が残ったりする場合がありますので正しい治療、リハビリをおこなうというのが大切になってきます。