頭痛

●頭痛について

●当院における頭痛の治療についての取り組み
頭痛の特徴は大きく分けて4つありますが、患者さん自身の頭痛の特徴・体質を分析することで鍼灸治療するための治療回数や治療方針を組み立てていきます。
当院の治療は、


・毫鍼(刺す鍼)
・打鍼(刺さない鍼)
・てい鍼(刺さない鍼)
・接触鍼(刺さない鍼)
・お灸・温灸
・スーパーライザー


をその方の体質・体調・状態によって使い分けていきます。またお身体の状態によっては治療の刺激量を調整したり、打鍼・てい鍼・接触鍼などの刺さない鍼も使用しておりますので、鍼灸治療が苦手な方でも安心して施術を受ける事が出来ます。
女性の方の身体は非常にデリケートです。治療は身体の状態を見極めた上で判断をさせて頂きます。また日常生活で気を付ける事や養生などもアドバイスさせて頂きます。

当院は鍼灸治療とスーパーライザーを組み合わせた当院オリジナルの治療により乱れてしまった自律神経を整える治療を最も得意としています。長期に渡って受けるストレス、慢性的な冷え、妊娠・出産・手術などによる体質の変化、夜勤、生活リズムの乱れ、生活環境など自律神経が乱れる原因は様々です。自律神経が乱れると一番影響を及ぼすのが睡眠の質が悪くなりますので、鍼灸整骨院かわいオリジナルの治療でストレスの軽減を図る事で、睡眠の質向上のお手伝いをします。

現代のストレス社会では交感神経がより働き、過緊張状態の方が非常に多いです。リラックスしている時や睡眠時に働く副交感神経を活発化し、強く出る過緊張を押さえ、身体をリラックスさせます。治療前は実感がわかないかもしれませんが、治療中・治療後はとても眠たくなり、中にはリラックスをして熟睡される方もおられます。軽度であれば数回の治療で効果を感じることが出来ます。治療を続けるうちに自律神経は改善され、頭痛の症状のレベルも落ち着いていきます。


●頭痛とは
日常生活を送っていると誰しもが一度は経験したことのある自覚症状の1つで、多くの急性疾患、慢性疾患に現われます。

特に男性よりも女性の方が生理時に伴うことが多いこともあり症状を訴えることが多く、筋緊張性頭痛は6割、片頭痛は8割が女性の方だとも言われています。

定義的には頭の中に感じる痛みを総称して頭痛といい、頭皮の表面に感じる痛みは頭痛とは言いません。頭痛は症状が繰り返し起こり慢性化してしまうのが特徴で、医療機関などで様々な検査をしても原因が見つからないケースが多いです。

●頭痛の原因
①頭蓋内の血管拡張
②ストレスから来る筋緊張
③牽引性
頭蓋内の感覚感受組織が引っ張られたり圧迫されたりして起こる。
④炎症性
⑤神経痛
⑥耳・鼻・歯などの疾患による痛みの関連痛

などがあり原因によって対処方法が変わってきます。


●頭痛の種類
①緊張性頭痛
・身体的ストレス:特に頭、首、肩の筋肉の過緊張で肩こりを伴うことが多いです。長時間の同じ姿勢でのデスクワークやパソコン、携帯電話、携帯ゲームなどの使用により首や肩の筋肉に負担のかかる姿勢を取り続けるのが原因。また首の骨や椎間板が神経に飛び出している頚椎症のケースもあります。合わない枕の使用、目の酷使などもあります。

・精神的ストレス:仕事や人間関係、学校や職場、住居などの環境の変化、不安や悩みなどの精神的ストレスを抱え込んでしまうこと。それにより自律神経のバランスを崩し不眠症や自律神経失調症、うつ病に陥ってしまうケースもあります。

頭重感、圧迫感、締め付けられるような頭痛で孫悟空の金輪をはめられていると言った表現をされる方もおられます。吐き気や痛み自体はそれほどひどくはなく、気をまぎらわそうと何かをしていると忘れてしまう場合もあります。

ただ精神的なストレスや疲れで痛みが増強してしまい、お昼から夕方に悪くなると感じる方も多いです。目の疲れ、耳鳴り、めまい、肩こり、倦怠感などの症状を伴っていることがあります。


②片頭痛
片頭痛自体の原因は不明です。説としてストレスや緊張などで脳内に血管を収縮させる作用があるセロトニンが多量に分泌され血管が収縮します。

時間の経過とともに収縮した血管が広がろうとした時に起こる頭痛説と脳からの何かの刺激が血管周囲の三叉神経を刺激することでサブスタンスPなどの血管を拡張させる物質が分泌されることに炎症を起こしてしまう頭痛説とがあります。

片頭痛はズギンズギンと脈を打つような拍動性の強い痛み。発作性で側頭部、後頭部に現れ、反復して慢性に経過します。
20~50歳代の女性に多く見られ特に月経周期に合わせた発症する場合が多い。

片頭痛中に体を動かすと痛みがひどくなり、また音や光に敏感なために明るい場所や周囲の騒音で痛みがひどくなることがあります。

痛みは約2~3時間発作的に継続した後に軽快しますがまた発作的に現われます。

悪心嘔吐、めまい、圧痛、食欲不振などを伴う事が多いです。


③群発性頭痛
発症原因は不明で頭痛の発作は数週間にわたって続きますが、その後は全く発作のない時期が数カ月から数年間続きます。

このようにある時期に集中して発作が頻発するので群発性頭痛と呼ばれています。

20~30歳代の男性に多い。

目の周囲を中心とした片側性で持続性のじっとしていられないほどの激しい痛みが特徴。

痛みが激しい為にくも膜下出血と疑われる場合もあります。


④症候性頭痛
何かの病気が原因となって起きる頭痛で二次性頭痛とも呼ばれています。
脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、副鼻腔炎、髄膜炎など頭だけではなく全身の病気によって起こる頭痛もあります。中には生命に関わるものもありますので、普段の痛みとは違うと感じるとすぐに医療機関に受診して下さい。


●東洋医学的な頭痛
①肝陽の亢進による頭痛
精神的なストレスで肝鬱となり、そのために肝火が生じそれが上に上って頭痛を引き起こす。

また肝火によって腎水不足を誘発して肝陽が上亢し頭痛が起こる。

このタイプの頭痛は暑くなると起こり、のぼせて喉が渇く、脇痛、顔面紅潮などがある。


②痰濁による頭痛
食べ過ぎ、飲み過ぎで脾の働きが悪くなることで痰湿が発生する。

それによって陽気が上に上がるのを抑止されることによって起こる頭痛。頭がぼんやりとする頭痛。


③気血両虚による頭痛
飲食の不摂生や過度の疲労、病後、産後により脾胃虚弱になり気血の生成が悪く為、頭部を栄養出来なくなると起こる頭痛。


④腎虚による頭痛
腎精不足のために脳髄が空虚になると起こる頭痛。


一晩寝ると治るから、市販薬を飲めば治るからと頭痛を軽く見ていると、気が付かないうちに自律神経を乱して逆に病の根が深くなってしまうケースもあります。薬に頼る前に一度鍼灸治療とスーパーライザーによる当院オリジナルの治療を試してみてはいかがでしょうか???