不眠

●不眠について

なかなか寝付けない、眠れたとしても何回も目が覚める、寝たのに疲れが全然抜けないなどのお悩みを抱えていませんか?鍼灸治療で不眠症の辛さを軽減しませんか!

●当院における不眠症の治療についての取り組み
不眠症の特徴は大きく分けて6つありますが、患者さん自身の不眠の特徴・体質を分析することで鍼灸治療するための治療回数や治療方針を組み立てていきます。
当院の治療は、


・毫鍼(刺す鍼)
・打鍼(刺さない鍼)
・てい鍼(刺さない鍼)
・接触鍼(刺さない鍼)
・お灸・温灸
・スーパーライザー


をその方の体質・体調・状態によって使い分けていきます。またお身体の状態によっては治療の刺激量を調整したり、打鍼・てい鍼・接触鍼などの刺さない鍼も使用しておりますので、鍼灸治療が苦手な方でも安心して施術を受ける事が出来ます。

女性の方の身体は非常にデリケートです。治療は身体の状態を見極めた上で判断をさせて頂きます。また助産師の鍼灸師さんが鍼灸治療だけではなくて、日常生活で気を付ける事や養生などもアドバイスさせて頂きます。

当院は鍼灸治療とスーパーライザーを組み合わせた当院オリジナルの治療により乱れてしまった自律神経を整える治療を最も得意としています。長期に渡って受けるストレス、慢性的な冷え、妊娠・出産・手術などによる体質の変化、夜勤、生活リズムの乱れ、生活環境など自律神経が乱れる原因は様々です。

自律神経が乱れると一番影響を及ぼすのが睡眠の質が悪くなりますので、鍼灸整骨院かわいオリジナルの治療でストレスの軽減を図る事で、睡眠の質向上のお手伝いをします。

現代のストレス社会では交感神経がより働き、過緊張状態の方が非常に多いです。リラックスしている時や睡眠時に働く副交感神経を活発化し、強く出る過緊張を押さえ、身体をリラックスさせます。

治療前は実感がわかないかもしれませんが、治療中・治療後はとても眠たくなり、中にはリラックスをして熟睡される方もおられます。軽度であれば数回の治療で効果を感じることが出来ます。治療を続けるうちに自律神経は改善され不眠の症状のレベルも落ち着いていきます。

 

●不眠症とは
本来、睡眠のリズムは朝、太陽が昇る頃にスッキリと目が覚めて、日中は体に疲労感や眠気を感じることはなく活動し、夜になると自然と眠気を感じてスムーズに入眠します。

睡眠中はトイレで目が覚めたり、夢(嫌な内容の夢や仕事の夢)を見る事はありません。

不眠症は不眠の訴えが週に3日以上あり、しかも1カ月以上それが続いている状態と定義されています。

実際に寝ようとしてもなかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めたり、入眠できたとしても睡眠の質が悪い為に起床時に疲労感を感じて目覚めが悪かったりと睡眠のリズムが崩れてしまい、満足のいく睡眠が取れていない状態です。

不眠症と自律神経失調症とうつ病には密接な関係があります。

質の良い睡眠は自律神経バランスの調整も行いますので、不眠に陥ってしまうと様々な自律神経症状を発症して、更に悪化してしまうとうつ病に入っていくケースもあります。

心身共に健康に保つ為に質の良い睡眠を取ることは大切になってきます。


●不眠の原因
・身体的な原因:過度な疲労、睡眠時無呼吸症候群、痒みや痛み、咳などの症状を発症している

・不規則な生活習慣:夜遅くまでの仕事、夜勤勤務、日中の活動不足、昼夜逆転生活

・心理的な原因:両親や配偶者、親しい人の死や悩み、過度なストレスで起こる不眠。不眠の原因が取り除かれた後も眠れない日が続くと、「また眠れないのではないか」という心理的な原因でさらに眠れなくなると慢性的不眠症になります。

・薬や嗜好品による原因:カフェインやアルコール、ニコチンなど嗜好品に含まれる成分や、治療のため飲んでいる薬が原因で起こる不眠。

・精神的な原因:うつ病、不安障害、統合失調症、アルツハイマー型認知症、脳血管障害、脳腫瘍などの脳の障害

・環境的な原因:騒音、気温、光、生活音

 

●不眠症のタイプ
①入眠障害タイプ
寝つきが悪いタイプ。寝ようと思って布団に入るがなかなか眠れないが、一旦入眠すると朝まで寝むれてしまう。不眠症の中では1番多いタイプ。

②熟眠障害タイプ
眠りが浅く、夢を見ることが多かったり、直ぐに目が覚めてしまい熟睡感が少ないのが特徴。お年寄りの不眠や神経質な人に多いタイプです。

③早朝覚醒タイプ
寝つきは良くても夜中や早朝に目が覚めてしまうと眠れないタイプ。うつ病や高齢者に多いタイプです。

④中途覚醒タイプ
夜中に何度も目が覚めて眠れなくなくなってしまうタイプ。充分に寝た気がしないタイプ。

 

●東洋医学におけるタイプ
①心脾両虚による不眠
良質な睡眠を得るためには東洋医学においての神をつかさどっている心を安定させてあげることです。

しかし心は過度なストレスや過度な疲労は損傷しやすく、また心を栄養している脾も損傷しやすく、損傷してしまうと気血の生成が悪くなり心をうまく栄養出来なくなって不眠が起こる。

このタイプは入眠が困難、夢を多く見る、中途覚醒しやすいです。


②心腎不交による不眠
東洋医学では心は体の火を扱い、腎は体の水を扱っているとされています。

お互いがバランス良く交流することで体内の熱のバランスの調整をしています。

心腎不交の原因として
・腎陰(水)の不足から起こるもの
人は加齢とともに水分量が減ってくると、腎陰も弱くなってきます。腎陰が弱くなると心陽を抑えられなくなり心腎不交になります。

・ストレスで熱が発生して、その熱が腎陰を消耗させてしまうタイプ
過度なストレスや悩みがあると、本来体の中を巡っている気の流れが悪くなり気滞や気鬱を起こります。

それが長期化すると熱を持ち、その熱は上に上がり肝火上炎となります。この熱は、身体の水分を奪うために腎陰が不足して心陽を抑えられなくなり心腎不交となります。


③肝火による不眠
過度なストレスを受けている状態が長く続いたり、怒りっぽくなると身体は熱を持ち始めます。

例えば人から何か罵声を浴びたりしてカッとなるとその時に血圧が上がりイライラしたり、目が赤くなったり、顔が赤くなったりします。これらは全て熱の症状です。

熱には炎上性がありこの熱が心神に影響すると不眠が起こります。不眠以外にも頭痛やめまいなどの症状を伴うこともあります。


④痰熱による不眠
過食や偏食などの食生活の乱れ、アルコールの過度の摂取、過度なストレスによる気の流れが悪くなったり、水の流れが悪くなることで脾を損傷してしまい、それが改善されないと痰熱を生じてしまうことによって、その熱が心神に影響すると不眠が起こります。

またもともと内熱がたまりやすい体質の方なども痰は熱を持ちやすくなります。このタイプは胃の辺りにつかえる感じがあり、眠りの浅い方が多く見られます。

薬を飲めば寝れるからとか、毎日の事なのでと治療を諦めたりしていると、気が付かないうちに自律神経を乱して逆に病の根が深くなってしまうケースもあります。薬に頼る前に一度鍼灸治療とスーパーライザーによる当院オリジナルの治療を試してみてはいかがでしょうか???