肩こり

●肩こりについて

スーパーライザーによる肩こりの治療をしています



●あなたはこのような症状で悩んでいませんか??
・長時間仕事でデスクワークの仕事でパソコンの画面を見ている
・頻繁に携帯電話やスマートフォンを見ている
・肩こり以外にも頭痛、目の疲れ、吐き気、めまいなどに悩んでいる
・寝てもなかなか疲れが取れずに昼間に眠たくなってしまう
・肩だけではなく肩甲骨周り、背中の方までもが辛い
・夜間、寝ていても目が覚めるほど辛い
・子供の頃、若い時から姿勢が悪い
・日頃から運動不足である
・マッサージをしても症状がまたすぐに戻る

肩こりは大半の日本人が日頃から自覚して感じている症状の1つです。

中には自分では自覚はしていないが他に人に肩を触ってもらうと凝っているねと言われて自覚する方もおられます。

症状としては首、肩、背中、肩甲間部のこり感、だるさ、痛み、それに付随して頭痛、吐き気、悪心、口腔の異常、不眠、目の異常、自律神経失調症など多岐にわたります。

単に肩が凝るような作業をしたタイプの肩こりであればマッサージをしたり、ゆっくりとお風呂に入ったり、ストレッチをすれば解消したり、治療でも肩だけの局所の治療で早く解消する肩こりです。

しかし、肩こりのきつい方は長期間過度なストレスを感じていたり、姿勢の不良、身体の内臓や器官が不調だったりという要因が2つ3つと重なっておこっているタイプの肩こりが多いので、そうなってしまうとマッサージや局所の治療をしただけではまたすぐに元の状態に戻ってしまいます。

肩だけではなくて自律神経を含めた身体全体の治療が必要となってきます。

●肩こりの原因

① 姿勢
人間の頭は成人の体重の約10~13%に相当します。現在の生活の中で長時間携帯電話をいじっていたり、読書、パソコン、ゲームなどで下向きの姿勢を取り続けることが多いですが、この姿勢を続けると首の筋肉が重い頭を支えようと緊張し首から出ている頭、上肢、背中を支配する神経を圧迫して神経の支配先である頭、上肢、背中にも出現します。

② ストレス
人はストレスが高まると交感神経が優位になります。交感神経が優位になると身体は外敵から身を守る為に防御本能が働き、身体の急所である脊髄をガードする為に緊張して筋肉が硬くこわばるのではないかと考えられています。現代社会ではストレスの原因になるものが多くかつ複雑に絡み合っている事が多いので、身体の緊張とリラックスのオンオフがうまく切り替えられない人を多く見受けます。

③ むち打ちなどの強い衝撃
交通事故やスポーツなどで首を強い衝撃から守るために一瞬筋肉を固めます。強い衝撃を受けた場合は筋肉が固まったまま自然に元に戻らなかったり、首の骨に強いダメージを受けて首、肩に強いこり感を感じてしまう場合があります。

④ 関連痛
顎関節症や噛み合わせ不良による歯の異常がある場合にも強いこり感を感じる場合があります。

⑤ 枕
本来寝ている時はリラックスをしている時であるが頭や首に合っていない枕を使用していると逆に首の筋肉に負担をかけたり緊張状態になり、その緊張状態が続くと寝違いなどを引き起こしやすくなります。

首から出ている神経は肩を走行しますので、首の所で神経が緊張した筋肉に圧迫されると神経が走行している肩も凝った感じがします。

そのままにしておくと頚椎の間が狭くなり四十肩や頚椎症の原因になり腕や手にも症状が出たりイライラしたり頭痛が起こったり、不眠になったりと付随してくる症状に悩まされることがあります。


●東洋医学的な肩こりの考え方
① 肝陽による肩こり
身体の中の陰の気が少なくなり陽の気が制御出来なくなると、肝陽が身体の上に上がり頭頚部でつまることによって起こる肩こり。
・ イライラしたり少しの事でも怒ってしまう
・ めまいがある
・ 高血圧がある
・ 顔や目が赤い
・ 肩を揉まれると痛く感じる
・ 頭痛が出る

② 気滞血於による肩こり
肝の働きが悪いために身体の中を巡っている気の流れが悪くなっていたり、また外傷や姿勢不良によって経脈を損傷してしまって気の流れが悪くなってしまっている肩こり。
・ ため息をよくつく
・ 生理不順がある
・ 張った感じの肩こりである
・ マッサージをしてもすぐに凝ってしまう
・ 脇や胸、お腹が張って苦しい時がある

③ 肝血不足による肩こり
テレビやパソコン、携帯などで目を長時間酷使したり、病後や産後で血を消耗することによって経脈を栄養することが出来なくなり、これにより経脈を流れる気血の流れがスムーズにいかなくなって起こる肩こり。
・ 疲れると肩こりがひどくなる
・ 揉まれると気持ちが良くて症状が軽くなる
・ ドライアイ、眼精疲労がある
・ めまいや動悸がある
・ 唇や爪の色が淡くなる
・ 足がよくつってしまう

④ 寒飲による肩こり
元々、胸部周辺に冷えと湿が停滞していて、さらに冷えることによって背部が重くなり、これが肩頚部に広がる肩こり。
・ 背中・肩・頚と全体がだるい
・ むくみがある
・ 手足などの冷えの症状がある
・ めまいがある
・ 排便をしてもすっきりしない
・ 胸が苦しくなる時がある

●肩こりに対して日常で気をつける事
東洋医学的言うと気の巡りが悪くなった時に運動器疾患は出現します。気の巡りを悪くする要因としてストレスがあります。

ストレス対策として考えて頂きたいのが、あなたのストレスを感じる量 対 ストレスを解消する量です。日々の生活でどちらが多いかを天秤にかけてみましょう。身体が徐々に快方へ向かうか、悪化していくかの結果で重りの大きい方が分かります。

ストレスを感じる量には仕事や人間関係に関するものの他、環境的要因(騒音、部屋が暗い、明るすぎる、長時間のパソコンや携帯電話の使用、臭い等)、十分な栄養が取れていない、便秘、不眠、質の悪い睡眠、冷え、運動不足等、身体にとって不快な事が挙げられます。

ストレスを解消する量には運動、食事、お風呂、温める、気持ちの良い便通、音楽、ヨガ、マッサージ、ストレッチ、身体に合った枕、ベッドでの良い睡眠など自分自身に合ったストレス解消法を優先させましょう。

ストレスは目には見えませんがストレスを体に溜め込むと肩こりを始めとする運動器疾患や自律神経のバランスを崩すことでの肩こりも出ます。日常の生活の中でいかにストレスを溜めないかというのが大切になってきますので、皆さんも一度この機会に日常生活を見直してみてはどうですか??