妊婦さん・産後のお母さんサポートケア鍼灸

助産師の経験をいかして

妊娠中のお母さん、産後の育児で心身共に消耗しているお母さん、小さな赤ちゃん・お子さんに

安心して施術を受けて頂ける刺さない鍼も組み合わせた優しい鍼灸治療で

お母さん・お子さん共にサポートしてしていきます。

辛い・しんどい症状を一人で悩み抱え込まず、我慢せずに鍼灸治療で軽減しましょう!

 

妊娠されているお母さんのお腹の中では日々小さな命が大きく成長していきます。

そしてお母さんの身体も刻々と変化をする中で


・つわり
・倦怠感
・肩こり
・腰痛
・恥骨痛
・こむらがえり
・便秘

などの症状が現れたり、強くなってきたりします。

その様な辛い症状があっても、妊婦健診の検査で異常がなければ、お医者さんの方から


「とりあえず様子を見てみましょう」


と言われたことはありませんか??

また逆子になってしまい自然分娩を望んでいたのに帝王切開になってしまったことはありませんか??

妊娠、出産、子育てと新しい命・家族を授かり本来は喜ばしいはずなのに、身体に様々な症状が現れ、それをひたすら我慢したり耐えるとなると、


「欲しかった子供なのになんでこんなに辛いのか」
「今でもこんなに辛いのなら出産、子育ては大丈夫なのかな」


と妊婦さん自身が自分を責めてしまうこともあり、心身共にバランスを崩すことにも繋がります。


鍼灸整骨院かわいでは助産師の経験を生かして、非常にデリケートな身体の妊婦さんでも安心な刺さない鍼も使用したソフトな鍼灸治療で妊娠中の症状を軽減して妊娠、出産、育児をサポートしていきます。


●当院における産前産後ケアについての取り組み
妊婦さん・お母さん自身の元々の体質・特徴西洋医学的・東洋医学的な観点から分析することで治療回数や治療方針を組み立てていきます。

当院の治療は、

・毫鍼(刺す鍼)
・打鍼(刺さない鍼)
・てい鍼(刺さない鍼)
・接触鍼(刺さない鍼)
・お灸・温灸
・スーパーライザー

をその方の体質・体調・状態によって使い分けていきます。

またお身体の状態によっては治療の刺激量を調整したり、打鍼・てい鍼・接触鍼などの刺さない鍼も使用しておりますので、鍼灸治療が苦手な方でも安心して施術を受ける事が出来ます。

妊婦さんの身体は非常にデリケートです。治療は身体の状態を見極めた上で判断をさせて頂きます。また助産師の鍼灸師さんもいますので、鍼灸治療だけではなくて、日常生活で気を付ける事や養生、育児の相談などもアドバイスさせて頂きます。

当院は鍼灸治療とスーパーライザーを組み合わせた当院オリジナルの治療により乱れてしまった自律神経を整える治療を最も得意としています。

長期に渡って受けるストレス、慢性的な痛みや冷え、妊娠・出産・手術などによる体質の変化、夜勤、生活リズムの乱れ、生活環境など自律神経が乱れる原因は様々です。

自律神経が乱れると一番影響を及ぼすのが睡眠の質です。睡眠の質が悪くなるとなかなか寝付けなかったり、朝がなかなか起きれなかったり、寝ても疲れが全然抜けなかったりという影響が出る事で、症状はきつくなる上に、交感神経が高まりますます寝れないという悪循環に陥ってしまいます。

現代のストレス社会では交感神経が過剰に働き、過緊張状態の方が非常に多いです。鍼灸治療とスーパーライザーを組み合わせた治療により身体がリラックス状態の時に働く副交感神経を活発化し、強く出る過緊張を押さえ、身体をリラックスさせます。

治療前は実感がわかないかもしれませんが、治療中・治療後はとても眠たくなり、中にはリラックスをして熟睡される方もおられます。軽度であれば数回の治療で効果を感じることが出来ます。治療を続けるうちに自律神経は改善され、産前産後の症状も落ち着いていきます。


●妊婦さん産後ケア
安産を辞書で引いてみると

“苦しまないで出産すること。無事にお産をすること。”

と書いています。

妊娠されているお母さんはもちろん体調に大きな変化もない安産を望まれますが、安産の為には妊娠中のお母さんの体調管理が必要になってきます。

子育ては既に妊娠中から始まっています。最初は0.1ミリの卵子から十月十日かけて約3000グラム前後、50センチ前後までお腹の中で育てることだけでもお母さんにとって大変ハードなお仕事になります。その上に家事やお仕事もされるとなるとお母さんの身体には相当な負担がかかり、疲労がたまります。

そして出産・分娩となるとさらにお母さんの体力のエネルギーを消耗します。出産は長い方だと24時間以上かかる大仕事になります。

無事に出産を終えると今度は昼夜問わずの2~3時間おきのおむつ交換、授乳生活が始まります。お子さんが新生児の時は、昼夜のリズムがまだないので深夜でも時間を問わずになります。しかも兄弟がおられるのであれば育児と家事と両方おこないながらになります。妊娠、出産で消耗したエネルギーを養生できないまま育児へとなると、もちろんお母さんの体力・気力にも限界があるので、

・産後、育児うつ
・乳腺炎
・常にイライラする
・情緒不安定
・倦怠感
・育児疲れ
・腰痛
・腱鞘炎

などの心身の症状が現れやすくなります。24時間フル回転で家事・育児と頑張ってきたお母さんが倒れてしまうととたんに家の中が回らなくなってしまいます。

日々、治療所にはお子さんの症状を心配されて来院されるお母さんが多いですが、お子さんもさることながらお母さんの妊娠・出産・産後で消耗したエネルギーを癒して、体力を回復させる時間も必要になってきます。


●育児疲れのスパイラル(循環)から抜け出す2つ方法

・育児から少し距離を取り、自分自身の時間を作り過ごすようにする
・根本的な体質を改善して、体力・気力を充実させる

子育てに疲れを感じているお母さんの多くは24時間子育てに全力を注いでいます。母性の力で1日フル回転していますが、まず体力を消耗しますが、この状態が続くと次は気力だけになり常に神経が張りつめた状態になります。そうなると

・身体が休めなくなる
・疲れが取れない
・何をするにも気力がわかない
・常に眠りが浅く眠たい
・常に何か考え事をしている

という状態になり自律神経のバランスを崩して睡眠の質が悪くなり、それが続くと不眠症やうつの状態になり、ますます悪いスパイラルにはまってしまいます。

鍼灸治療は薬剤を使わないので、妊婦さんのお腹の赤ちゃんに奇形などの副作用がありません。授乳中のお母さんにも安心して治療を受けて頂くことが出来ます。

鍼灸整骨院かわいでは助産師の経験を生かして、非常にデリケートな身体の妊婦さんでも安心な刺さない鍼も使用したソフトな鍼治療、優しい温熱を感じる灸治療をすることで、妊娠中の症状を軽減して妊娠、出産、育児をサポート、みなさんの幸せな妊婦生活・育児生活を応援します。