姿勢矯正・産後の骨盤矯正

〇あなたのカラダ及び日常生活でこのようなことがありませんか??

・外反母趾になっている
・足裏にタコや魚の目がある
・食べ物を噛むときに左右どちらかばっかりでモグモグしている
・毎日、長時間スマホやパソコンをしている
・かばんや荷物をいつも同じ手で持っている、又は肩にかけている
・靴の底はいつも外側からすり減る
・頻繁に5センチ以上のハイヒールを履いている
・椅子に座ると足を組む

上記の中で思いあたる項目がある方は知らず知らずのうちにカラダの歪みが忍び寄っている可能性があります。

「でも今は痛みも何もないから大丈夫」

と思われる方もおられますが、若いうちは筋力がしっかりしているので多少カラダの歪みがあっても、その他の周囲の筋力でカバーしていて痛みなどを感じないので、大丈夫!!と思ってしまいますが、人はどれだけ鍛えていても30代半ば辺りから生理的に筋力も代謝も少しずつ下がってきます。

若い時にカラダの歪みをカバーしていた筋力もカバーしきれなくなると、関節や筋肉にだるさや痛みを感じるようになると筋肉だけではなく、血流や体液の流れにも影響を及ぼすようになり、

・冷え症がきつくなった
・足や顔のむくみがなかなか取れない
・カラダの疲れが取れにくくなった
・体重が落ちにくくなった

など自律神経にも影響を及ぼすようになってきます。

それでもそのまま放置をしてしまうと、最終的には変形性関節症や変形性関節炎、痺れなど骨や神経にまで根が深くなってしまうと、日常生活を送るのにも支障をきたすことになります。こうなってしまうと、あの時きちんとケアをしていれば…と思ってしまうかもしれません。

なので、鍼灸整骨院かわいで一からカラダの体幹・末端から歪みをリセットして、正しいカラダの使い方が出来るようにしませんか??


●人のカラダと骨盤
人間の身体は、骨盤が土台となっており、その土台である骨盤から柱のように伸びているのが背骨です。普段の何気ない動作や悪いクセなどが積み重なっていくと、この骨盤や背骨にゆがみやねじれ、ズレなどが出来てしまい、全身にさまざまな悪影響を及ぼします。

たとえば、椅子に座ったときについつい脚を組んでしまうクセがあるという方や、床に座る際には横座りの姿勢が楽だという方、立ち仕事をされていて片方の脚ばかりに重心をかけてしまうという方などは、気をつけなくてはなりません。本来の正しい姿勢、体勢で使わなくてはいけない筋肉が使えないことで、カラダに癖がついていきます。

姿勢の悪さからくる猫背も本来の正しい姿勢で正しい筋肉の使い方をさせることで、猫背も解消されて見た目も背筋が伸びてキレイな立ち姿を作ることが出来ますし、姿勢だけではなく自律神経のバランスも整いますので、冷え性やむくみ、不眠症などでお悩みの方にも効果を発揮します。

また下半身太りや出産後のプロポーションの崩れが気になるという方にも、骨盤や背骨の歪みやズレを解消して、カラダの血液やリンパ液の流れが良くなることで代謝の良いカラダにすることで、食事制限や激しい運動などをすることなく体重の落ちやすいカラダにすることが出来ます。


●産後の骨盤矯正

マッサージやストレッチ、ボキボキする矯正などがあります。それで腰痛は取れたり、痛みに関しては取れたりできますがそれだけでは浅いのです。

妊娠中のお母さんは平均して7~8キロ、中には10キロ以上体重が十月十日のうちに増加することで腰及び骨盤周囲の負担のみならず肩や背中、下半身にも負担がかかってきます。その十月十日の間の中で妊娠中のお母さんは出産準備をするためにリラキシンという産道を広げるためのホルモンが分泌されて骨盤を緩めます。

産後の1ヶ月間は身の回りの事以外は安静にしておればリラキシンで広がった産道は自然と閉じていくのですが、今はなかなか1ヶ月間安静にすることも出来ず、出産後すぐに色々と動いてしまうので、産道がきれいに閉じずに腰痛に悩まされることがあり、腰痛の他に下肢のだるさ、腱鞘炎や恥骨の痛みや尿漏れ、子宮脱や痔など色々な身体の症状がおきます。

産後の寸胴体型が戻らない、おなかのお肉が落ちない、下半身太りが解消しない、体重が減らないなど、産後特有の骨盤のメカニズムを熟知していることで毎月100回以上の産後のお母さんの施術をさせてもらっています。また助産師の資格を持った女性鍼灸師もいますので、お母さんがお子様連れで来院できる環境作り、ママサポートの重要性をしっかり理解したうえでの産後専門として産後のママさんの施術をさせて頂きます。

今まで他の治療院などに通ったことがあるけれども、あまり効果を感じることが出来なかった…という方も是非鍼灸整骨院かわいお気軽にご相談ください。患者様お一人お一人の症状に合わせた施術をおこないますので、施術後はしっかりと効果を実感していただけます。