腰痛

●腰痛について

スーパーライザーによる腰痛の治療です


●あなたはこのような症状で悩んでいませんか??
・立ち仕事で常に腰に痛みを感じている
・冷え性がきつくて足も浮腫みやすい
・よくギックリ腰を起こす
・生理痛の時に腰痛が酷くなる
・常に重だるい痛みがありスッキリした感じがしない
・痛みだけではなく痺れもある
・湿布やマッサージをしてもなかなか治らない

漢字で書くように身体にとっては「要」となる部分です。

腰は体重を支えるのに最も大きな役割を受け持ち、身体を曲げ伸ばしする時に一番の負担のかかる場所です。

そのため、約80%の人が一生に一度は腰痛を経験すると言われています。

一般的には、腰の骨やその周囲の筋肉に痛みがあることを広い意味で「腰痛症」と言います。

痛みの程度も、ギックリ腰の様な動けないぐらいの鋭い痛みや電気が走る様な痛み、

鈍い痛み、重い痛みなど様々な種類があります。


●腰痛の原因
① 退行変性によるもの
椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など


②骨代謝異常によるもの
骨粗しょう症、骨軟化症など


③外傷によるもの
腰椎圧迫骨折、横突起骨折、打撲、脊椎分離症、脊柱すべり症など


④炎症によるもの
筋炎、筋膜炎、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、関節リウマチなど


⑤静力学的要因によるもの
姿勢不良、筋肉疲労など


⑥内臓が原因によるもの
生理痛などの婦人科疾患など

原因も多岐にわたり、特に慢性化されている方は原因も複数に及びます。

単に筋肉や筋力だけの問題なのか?それとも骨や内臓など他に原因があるのか?

当院では、綿密な問診・徒手検査を行うことで原因を突き止め、治療法を決定します。



●東洋医学的な腰痛の考え方
① 寒湿による腰痛
湿気の多い所で居住している、寒さ・湿気・冷えの影響を受けたことで、
冷え症が特に下肢に強く感じる方。腰周囲の気や血の流れが悪くなって起こる腰痛。
・腰から下肢にかけての重だるさや冷えがある
・浮腫みがある
・寒さや湿気で痛みが増悪
・温めると症状が緩和
・じっとしていると痛むが、動いていると症状は緩和される

② 腎虚による腰痛
仕事やスポーツなどにより身体を酷使したり、長期間の病気などで身体が疲れている状態の方。腎虚になり腎の精が不足すると、骨や筋肉に栄養が出来なくなり腰痛が起こる。
・腰や膝の無力感
・腰を揉むと気持ちが良い
・疲れると痛みが増す
・視力が低下している
・耳鳴りや難聴がある

③血於による腰痛
捻挫や打撲などの外傷により腰や下肢の血流が悪くなり、気血の流れが悪くなって起こる腰痛。
・刺すような痛みがある
・痛む部位がはっきりしている
・夜間に痛みが増強する
・目の下にクマが出来やすい
・爪や唇の色が悪い
・膝周囲に小さな静脈が浮き出ている


●腰痛に対して日常で気をつける事
気の巡りが悪くなった時に腰痛は出現します。

東洋医学的言うと気の巡りが悪くなった時に運動器疾患は出現します。

その気の巡りを悪くする要因としてストレスがあります。

ストレス対策として考えて頂きたいのが、あなたのストレスを感じる量 対 ストレスを解消する量です。日々の生活でどちらが多いかを天秤にかけてみましょう。

身体が徐々に快方へ向かうか、悪化していくかの結果で重りの大きい方が分かります。

ストレスを感じる量には仕事や人間関係に関するものの他、環境的要因(騒音、部屋が暗い、明るすぎる、長時間のパソコンや携帯電話の使用、臭い等)、十分な栄養が取れていない、便秘、不眠、質の悪い睡眠、冷え、運動不足等、身体にとって不快な事が挙げられます。

ストレスを解消する量には運動、食事、お風呂、温める、気持ちの良い便通、音楽、ヨガ、マッサージ、ストレッチ、身体に合った枕、ベッドでの良い睡眠など自分自身に合ったストレス解消法を優先させましょう。

ストレスは目には見えませんがストレスを体に溜め込むと腰痛を始めとする運動器疾患や自律神経のバランスを崩すことでの出現するタイプの腰痛も出ます。日常の生活の中でいかにストレスを溜めないかというのが大切になってきますので、皆さんも一度この機会に日常生活を見直してみてはどうですか??